大容量プランでもモバイル通信のデータ通信量って足りないよね…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル通信のデータ通信量に悩まされた経験ってありませんか? 僕はあります。大ありです。

以前はソフトバンクで月間7GBのデータ通信量のプランに加入していたのですが、これでは足りない…。ランチタイムとかに油断して、YouTubeの動画をみてしまうと数十MBとか場合によっては100MBを超えるデータ通信量が、10分とか20分とかですぐに吹っ飛んでしまいます。なので、ソフトバンク時代には、僕はスマホで動画を見るのはやめてしまいました。

ただデータ通信量の罠は、他にもいろいろ。一時期Twitterにはまっていたのですが、あれって文字情報がほとんどなんでデータ通信量なんてそんなに消費しないと思って高をくくってたんですよね。でも、画像をたくさんみたり(気に入ったのはダウンロードしたり)、動画を自動再生にしていたりしたので、コトによると30分ぐらいチェックしているとデータ通信量を200MBとか消費してしまったこともありました……。顔面蒼白です。

すぐに原因をチェックして動画の自動再生とかやめましたが…。

これはこれで、今度は不便なんですよね。僕はその時、好きなアイドルのことをつぶやいている方のツィートをいろいろチェックしていたのですが、それぞれ思い入れのある画像だの動画をリンクしていて面白かった(遠い目…)。自動再生なら何にもせずとも、該当のツィートの箇所へ行けばその動画がみられるわけで、快適そのもの。それができなかったわけです。

それから、モバイル環境で映画を見て過ごすのなんかにあこがれていた時期もありますが、そんなの持っての他! 聞いたところによると映画を1本見るだけで(画質にもよるんでしょうが)1GBとか2GBとかのわけのわからないデータ転送量を消費してしまうということで、爪に火を点すようにデータ通信量を節約している僕にできる芸当ではありません…。

あこがれのモバイル生活は程遠い…。

 

最近は、ソフトバンクだけでなくauやドコモでも月間20GB・30GBの大容量プランがでていて、僕もうらやましいなと思うのですが、それでも僕が理想としていたようなモバイル生活はそれでも足りないでしょう。フルHD画質のきれいな動画をYouTubeとかで見れば、30分で0.5GBとかはすぐに消費してしまいます。月間20GBならフルHD画質が(多めに見積もっても)40時間ぐらい見ただけで打ち止めですか…。もちろん、他のデータ通信はできません。

 

そんなあれやこれやのストレスがたまり、わたしのモバイル生活を改善すべく、ポケットWi-FiとかモバイルWi-Fiルーターのサービスを探し始めたのですが…。長くなったので、その部分の苦労について紹介するのは次の機会に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*