WiMAXって屋内でつながりにくいってのは都市伝説です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXの弱点としてよく言われるのは「屋内でつながりにくい」ってこと。口コミを見ていると、そんなワードがよく出てきます。ひどい人になると、「ほとんどつながらないんじゃないか」ってくらい勘違いしている人もいる…。

 

もっとひどいのは、あるWi-Fiルーターのレンタル屋さん。WiMAXもレンタルしているんですが、その注意書きで「屋内ではつながりません…。」みたいなことが書いてあった。いや、そんなサービスの機器、そもそも貸し出すなよって。

 

僕が使っている範囲でも、LTEと比べてしまうと、確かにWiMAXの方がつながりにくいのは事実だと思います。LTEならつながるのに、WiMAXでつながらないってことは時々ある。たいしてその逆にはほとんどお目にかかったことがない。ちなみにLTEと比較してWiMAXは高周波な電波を使っているから、電波がまっすぐとんでしまい障害物に弱いせいだとのことです。

でもね、全く屋内でつながらないわけではないですよ。自宅で固定回線代わりに使っているユーザーもいるし、僕もファミレスやらバーガーショップやらで使っている。第一、そんなサービスが400万契約もとれるわけないじゃん。アフィリエイトでWiMAXを貶めるためか何かわからないですが、あんまり言われ過ぎな気がします。

 

まぁ、つながりやすいLTEをデフォルトだと考えてしまうと、確かにWiMAXはつながりにくいようにかんじるかもしれないけれど。僕も最初「ここでつながらないのか」って思ったことはあるし。気になる人は、Try WiMAXの無料体験で1度試してみるとよいと思います。

 

それから…

 

WiMAXを使いだしてからというもの、喫茶店とかで窓際の席をえらびやすくなったのは否定できないですね。でもこれってWiMAXに限らないでしょう。LTEだって、奥まった場所だとつながりにくかったりする。窓際の方がつながりやすいし通信速度も速いですよね。

 

だから、「WiMAXはつながらない」とばっさり切り捨ててしまうのでなく、ただ優等生のLTEほどきたいするわけでなく、その中間ぐらいと思っておくとよいと思います。いや中間よりLTEよりかな。だってそれ程つながらない場所は多くないもの。何度も言うけれど、「WiMAXは屋内でつながらないって言われ過ぎなんです。」

 

そういえば、よく読ませていただいている以下のサイトは、ユーザーのそこらへんの実体験が分かりやすく書いてあって、興味深かったですよ。共感することも多かったですし。

WiMAXは室内や屋内でつながらない?わたしの実体験を紹介

よかったらおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*