WiMAXのキャッシュバックは悪く言われ過ぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAX2+プロバイダの中には、契約することで2万円とか3万円とかのめちゃくちゃ高額なキャッシュバックを行うキャンペーンを展開しているところが複数あります。けれども、このキャッシュバックをもらうための手続きに注意すべき点が多く、失敗して結果的にキャッシュバックをもらえないユーザーが続出。結果、ユーザーから不満がでることが多いです。

そして「詐欺」だとか、プロバイダはキャッシュバックを払うつもりないんだ、とか、そういう不満がいっぱいでているせいで、新規ユーザーがキャッシュバックを行うプロバイダをえらぶのを躊躇していたり…

 

手続きの概要を簡単に言うと、手続き方法を知らせるメールが届き、その内容に従ってオンラインで振込先となる銀行口座を登録するだけなんですが…。これだけみると、「え? どこが難しいの?」ってなりますよね。ただディティールの部分にいろいろと注意点があって、主だったものだけでもあげると…

  • 手続きのメールが届くのが契約してから1年先…(え? 忘れない?)
  • 普段使っているメールアドレスに手続きのメールが届かない(じゃ、どこに届くの?)
  • プロバイダが発行したメールアドレス宛に届く(そんなの使わないよ。gmail使ってるし)
  • そのメールアドレス宛にたくさんメルマガが届いて、肝心の手続きのためのメールが埋もれる(どうにかして!)
  • さらに手続きのメールが届いた翌月末くらいが期限で、それを送れるとキャッシュバックの権利がなくなる(殺生な~!)

ってな感じです。確かに優しくはない…。第一、キャッシュバックをもらうための銀行口座をユーザーに登録してもらう必要があるんだったら契約時の申込書とかに書かせればいい。オンラインでのもしコミなら、そのフォームに銀行口座の登録欄を増やすだけでよい、ですよね。

 

おそらくキャッシュバックを行うプロバイダ側は、銀行口座の情報をそんなに長く管理したくない(情報漏えいとかしたら目もあてられないから)とか事情はあるんでしょうが、それでもね…、ユーザーに優しくないですよね、、、

 

だから、注意点ばかりの手続き方法に不満がでるのは仕方ない、かな、と。でも、逆に言えば、メールが届く時期に「メールが届いている筈だよな」って気づけさえすれば、な~んにも問題ないんです。方法は簡単。カレンダーに印しとくとかカレンダーアプリでリマインダしとくとかそれだけ。

結論、WiMAX2+のキャッシュバックは嫌われ過ぎです…。そんな不安がらずに高いキャッシュバックもらえるプロバイダえらんでもよいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*