WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは使える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXにハイスピードプラスエリアモードというのがあるのはご存知でしたか?

周波数が高いのが原因でWiMAXより使いやすいLTE回線をWiMAXの契約で(あー、説明がしづらいw)という便利なモードです。このモードにしておくと、WiMAXの電波が届かない場所で、端末が自動的にLTE回線に切り替えてくれるんです。

 

ただ、このハイスピードプラスエリアモード、ネットでは必要以上に悪く言われ過ぎ。

 

ハイスピードプラスエリアモードには特別な速度制限があって、このモードで月間7GBのデータ通信量を消費すると月末まで、通信速度が最大128Kbpsになってしまうんです。そうしてこれは、ギガ放題プランを使っていようが、ハイスピードプラスエリアモードを使っていなかろうが、問答無用で抵触してしまう…。

 

さらにこのモードを使うことで1,005円/月が追加で課金されてしまうというおまけつき…。

 

な~んて、デメリットがあるから、まぁ確かに使い方を間違ったらいけないんですよね。

 

でもここで見方を変えてみましょう。

 

月額1,000円でLTEによる通信が月間7GBまで使えるんですよ。たとえば、人気のLINEモバイルで月間7GBのプランに入れば月額2,300円、安いと評判なイオンモバイルで月間6GBのデータ通信プランに加入すると月額1,480円とられるんですよ!

 

そこをうちの愛しきWiMAXちゃんなら月額1,005円!

 

どうです? 格安じゃないですか!

 

確かに月間7GBのデータ通信量消費で月末まで最大128Kbpsに制限、とか、1,005円/月の追加料金とかの数字は厳しい。でも、こんな風に見方をかえるとお得なんです♪

 

しかも7GBもあれば、いろんなことができるよね。ホームページなら数千~数万ページ、YouTubeでもスマホサイズでよく見る標準画質動画なら30時間ぐらいはみられる目安。

 

だから、ハイスピードプラスエリアモードを本当に必要なときだけ使って無駄遣いしなければ、まぁ7GB使い切ることはないですし、速度制限にかかることはないでしょう。要は使い方次第なんです。そんな悪い奴じゃない。

 

さらに、最近はWiMAXに3年契約と言うのができて、契約の縛りを2年から3年に切り替えると、ハイスピードプラスエリアモードの1,005円/月がいらなくなるんです! いやー、お得ですよねー。

WiMAXの契約は、こんな風にWiMAX回線もLTE回線も使える便利なやつなんです。建物の奥まった場所とか地下とかで多く通信するなら3年契約はほっんとお得ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*