WiMAXって固定回線代わりに使える?いや使えるでしょ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXを使っていて、よく聞かれるのが「光ファイバーとか固定回線の代わりに使える」ってこと。

使えるか否かの2者択一だったら、答えは決まっている。「使えるでしょ。」

まず抑えておくべきなのは、WiMAXの3日間10GBの速度制限ね。当日も含めて過去3日間で消費したデータ通信量の合計が10GBを超えると、翌日の18時頃~翌々日の2時頃まで速度制限が行なわれちゃうっていうあれです。これに抵触するか否かで使い勝手がかわっちゃう。

この速度制限のルールを根拠にして「いや使えない」とか「使える」って意見が分かれる。

 

これねー。ネットでは、使える!とか使えない!っていろいろ主張している人がいるけれども、要するにその人次第ってことなんですよ。

 

だってね、中にはホームページみたりとかショッピングしたりとかぐらいしかインターネット使わない人も多くいるわけじゃん。あとLINEとかはしょっちゅう使うにしても、1日3時間も4時間も動画みる人って、たぶんごく少数でしょ。 そんなにみないユーザーの方が大部分。

この人たちならまず問題なくWiMAXを固定回線代わりに使えちゃいますよ。

 

WiMAXを固定回線代の代替に使えない人ってのは、ハイビジョン画質の動画を1日に5時間・6時間と毎日みるような人とか。仮に2~3時間だったとしても、たとえば1つの過程でお父さんと息子がどっちもそのぐらい視聴する、ということになったら残念ながら速度制限に抵触する可能性が高くなり、あんまりおすすめできないですかね。

 

あとFPSとかのオンラインゲームをよくプレイしているっていうユーザーの場合。ああいうゲームは通信品質に厳しいから、光回線と比べてしまうと、応答性が悪くてゲームがかくかくしちゃうとか、ラグが生まれてプレイしづらいってことは残念ながらありえる。

 

だけども、繰り返すように、どっちかというと固定回線代わりに使えちゃう人がほとんどだと思うんですよね。

WiMAXも電波状況が悪くなければ、数十Mbpsの通信速度なんか軽く出るから、速度に不満が出る人もあんまりいないでしょぅし。

 

WiMAXなら工事の手間もない工事費用もかからない、申込もウェブで簡単、とかメリットがめちゃくちゃたっぷりある。プロバイダによっては、最短でウェブ申し込み当日にルーターを送ってくれるサービスもあり。

WiMAXは20十数社っていうプロバイダが運営しているから、価格競争とかが送りやすく、他のポケットWI-Fiと比べて安く使える。(例ワイモバイル4,380円)たとえば月額最安級のBroad WiMAXなら3,411円と安いし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*