SOHOにWiMAXをおすすめする件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SOHOの方が個人事務所を開設する際に、迷うことの1つがどんなインターネット回線を敷設するか、でしょう。いうまでもないが、今や仕事にインターネット回線は必須ですからねぇ。

ただ事務所用の光回線、外出先でネット接続するためのモバイルWi-Fiとかいろいろ揃えていると、それだけコストもかかってしまう。さらに、だ。光回線とかの固定回線は敷設に時間がかかる上に、もっとこわいのは、変な話プロバイダとか環境とかによって当たり外れがあるのは否めないから、「いざ敷設してみたら使い物にならないくらい速度が出なかった」な~んてこともありえる。

特にマンションタイプで、配線がVDSL方式だったりすると…。(VDSLって一部が電話回線だったりするから速度がでなかったりすることもあるんですよね…)

 

一方のWiMAXなら、工事の必要がないし、不安だったらTry WiMAXで無償のお試しなんかもできますからねー。もしそれで十分に使えるのが分かったら、光回線を敷設せずに、事務所用の回線・外出先用の回線をWiMAX1台で間にあわすなんてのも十分にありだと思いますよ。

※Try WiMAXに関してはいつも参考にさせてもらっている以下サイトが分かりやすいです。

Try WiMAXの無料体験をおすすめする理由と5つの注意点

 

こうすれば、まるまる光回線分の費用が節約できるんですよねー。

 

ちなみにWiMAXを使う方は、速度制限について不安なんじゃないかな、と思いますが、結論からいうと1~2人程度の事務所なら問題ないと思いますよ。

もちろん、仕事から動画をいっぱい見る必要があるとか、数百MBクラスをじゃんじゃか取引先とたくさん送受信しないといけない環境なら別だが、ホームページみてとか、Google Driveにオフィスファイル保存して、とかってレベルなら、まず3日間で10GBという大容量を消費することはないですからねー。

 

それに、だ、WiMAXの速度制限っていうのは、ビジネスユーザーにとっては有利で、仮に制限がかかるとしても18時頃~翌2時頃までだから、ビジネスタイムからは外れるんですよね。(もちろん、夜遅くまで仕事するなら別だけれど)さらにさらに、仮に速度制限がかかっても、概ね1Mbpsで使えるから、ホームページみたりオフィスファイル程度の送受信ならまず大きな問題になることはない。

 

というわけで、SOHOの方にとっては、WiMAXは強い味方になるにちがいないって話でした。インターネット回線を敷設する際は、まずWiMAXを検討するとよいですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*